コンシーラー ムラ

コンシーラーによるムラを無くすメイク方法について

年齢に目の周りのたるみやシワなども気になるようになってきたのですが、メイクをすると目元などが大きく見える効果もありますし、肌も綺麗に見えます。今までは、全く化粧等は行ってきませんでしたが、外出する時くらいはきちんとメイクを整えて出かけたいと思うようになりました。

 

最初はルースパウダーのみをつけて外出することもありましたが、これだけでは素肌のシミなどは全く隠せませんでしたので、さらにベースメイクアイテムを増やしました。今は、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションも利用するようになりましたし、仕上げ用のルースパウダーについても2種類持っています。

 

さらに、コンシーラーも重ねることによって、より素肌感のあるメイクができました。コンシーラも、使い方によってはよれたりムラになることがあります。私も数年ぶりにメイクをしたので、コンシーラーの使い方についても全くわかりませんでした。顔の色ムラ自体も隠したい場合には、下地から丁寧に整えていった方が良いですし、場合によってはコントロールカラーなども必要です。

 

また、コンシーラがムラになってしまう原因は、使っているコンシーラーの種類が部位に合わないということもあるでしょう。目の周りや口の周りなどの動きやすい場所はできるだけ液状やクリーム系でも柔らかい物の方が適していますし、逆にこれらをシミなどに使うと部分的に隠せない場合があります。

 

シミやそばかすなどを隠すには、コンシーラーも硬くて崩れにくいタイプの物の方が良いのです。また、コンシーラを使ってもムラが気になってしまう場合には、色合いが合わないということもあります。複数のコンシーラーを混ぜ合わせて使うことで、さらに色ムラも上手に隠すことが可能なのです。

 

また、使う順番も大切でリギットファンデーションの場合はその後に、パウダーファンデーションの場合にはその前にコンシーラーを使った方が効果的です。このように、使い方に気をつければ、コンシーラーもムラなく使うことができるのです。

おすすめ人気トピック

ニキビ跡 クレーター 治療
クレーターとなったニキビ跡の改善 レーザー治療が効果的
ポーラエステ上大岡
ポーラエステ上大岡体験予約はここから
ミスパリ アイクリーム
ふっくら目元になれるミスパリのアイクリーム
鼻下脱毛豊橋
鼻下脱毛豊橋おすすめ人気ランキング
脇脱毛溝の口
脇脱毛溝の口おすすめはミュゼはここから