美白に効くと言われるアルブチンとハイドロキノンの違いって?

美白成分のアルブチンとハイドロキノン。
どちらも美白化粧品に美白成分として配合されていることが多く、美白効果のある成分として知られています。

 

では、アルブチンとハイドロキノンはどう違うのでしょうか。
どちらが配合されている化粧品を選べばいいのでしょうか。

 

大きな違いといえば、アルブチンがこれからできるシミやソバカスを予防する効果があるのに対し、ハイドロキノンは既にできてしまったシミやソバカスを改善する効果があることです。

 

アルブチンには、シミやソバカスの原因となるメラニン生成を抑制する働きがあります。
このため、シミやソバカス予防や紫外線対策に効果があると言われています。

 

ハイドロキノンは、メラニン色素に直接働きかけて、メラニン色素を除去する働きがあります。
このため、色素沈着してしまった部分に塗ることによって、色素沈着を薄くする効果があると言われています。

 

ただ、ハイドロキノンは肌への刺激が強く、また肌に浸透しにくいという性質があります。
このため、ニキビなどの炎症を起こしてしまっている肌や、アトピーなど肌荒れを起こしてしまっている肌に使用をする際には注意が必要です。
また、浸透しにくい性質のため、ハイドロキノンが浸透しやすいように配合された化粧品を選ばないと、ハイドロキノンの効果を実感できないということも少なくありません。
最近では、ハイドロキノンのこのような性質を研究して、成分をナノ化したり、カプセル化することによって肌の角質の奥まで浸透させる化粧品も市販されています。

 

ハイドロキノンに比べて、アルブチンは肌への刺激は軽く、敏感肌タイプでも使用しやすい美白成分です。

 

これから出来るしシミやソバカスの予防にはアルブチン、既にあるシミやソバカスの改善にはハイドロキノンが有効ということが分かれば、自分に必要な成分がハッキリしてきますよね。
これから出来るシミやソバカスを予防したいのか、それとも出来てしまったシミやソバカスを改善したいのか、自分の肌タイプも考えて、より効果のある美白ケアをしてみて下さい。

おすすめ人気トピック

美容整形豊胸
美容整形豊胸おすすめクリニック!
沖縄小顔
沖縄小顔エステ人気ランキング最新版はここから
主婦 うつ
主婦がうつになったとき見るサイト、うつは完治します
ニキビ跡ノブ
ニキビ跡ノブ口コミ効果体験談
トヨタsai値引き
トヨタsai値引きのコツ最新版ここから